無脳症の発症確率と厚生労働省の対策

無脳症は、タレントの大沢樹生の記事などでも知られている様に流産や死産の確率が75%と非常に高く、無事出産しても生後1週間以内にほとんどが亡くなり、1年以上生き長らえるケースは非常に稀とされています。無能症は、胎児の脳や脊髄等の中枢神経系のもととなる神経管の上端部に閉鎖障害が発症する事で引き起こされる先天性奇形症であり、日本国内では10,000人対して5人?6人の確率で発症するとされていますが、実際にはもっと発症しているとも推測されています。発症原因は、現在のところ究明されていない為、有効な治療法や予防法などの対策が確率されていない事や女性の晩婚化による高齢出産が増加した事などにより、発症件数は増加傾向にあるとされています。厚生労働省では、妊娠可能な年齢の女性に対して無能症などの神経管閉塞障害の予防目的で、サプリなど補助食品による葉酸の摂取を推奨しています。妊娠は、一般的に早くても4週目以降に判明しますが、神経管は3週目?4週目に急激に形成され、5週目?6週目に閉塞されてしまいます。その為、気付いてから服用するのでは遅いとされ、前もって最終月経日の4週間前?最終月経日より12週間目まで服用する事で神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減する効果があるとされています。又、無能症とは逆に神経管の下端部に閉鎖障害が発症する二分脊椎症となり、下肢の運動障害や膀胱機能障害、直腸機能障害などの症状が発症します。