葉酸の摂取量や上限はどれくらいですか?

葉酸は「造血のビタミン」とも言われていて、新しい赤血球を作るために不可欠な栄養です。
また、妊婦さんが葉酸を十分に摂取することで神経管閉鎖障害という胎児の先天異常を予防できます。厚労省は2000年より、妊娠を予定している女性は1日400μg、妊婦はその倍の量を摂ることを推奨しています。

しかしダイエットなどすることなく、普通の食事をしていれば不足することはまずありません。
そして近年、過剰摂取は生まれてくる子どもが喘息を発送するリスクが高まったという報告が相次いでいます。
用量を守り妊娠3ヶ月までにするのがベターだという意見が、婦人科医だけではなく、内科医や外科医からも多くなりました。
特にサプリメントでケアをしている場合は、意が必要です。

1日の摂取量は、成人女性で240μgです。菜の花100gで340μg、ホウレンソウ100gで210μg取れます。お浸しなら小鉢1杯分くらいの量です。
牛レバーなら50gで500μgもあります。たまに食べるくらいなら問題ありませんが、毎日たくさんのレバーを食べるのは良くありません。鉄を取るためには良くても、何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。色々な食品を満遍なく食べるようにしましょう。

1日の耐容上限量は、成人女性の場合1400μgですが、胎児を身ごもっていないのであれば、240μgで充分だという意見もあります。

サプリメントの中には1回分が400μgを超えている商品もありますので、注意が必要です。
また、葉酸として販売しているのではなく、マルチビタミンとして販売している商品にも含有されていますので、表示をよく見て確かめることが大切です。