葉酸は加熱はやめましょう

妊婦さんに必要な成分・葉酸ですが、納豆やレバーペーストのほか、モロヘイヤやほうれん草・ブロッコリーなどの野菜で摂取することも可能です。

食材で葉酸を摂るときに注意が必要なのが加熱しないということです。含まれているビタミンが熱に弱いため調理法によっては食べても意味がなくなってしまうのです。できればサラダなどで生のまま食べるか、サッと炒める程度に留めましょう。ゆでるよりも蒸したほうがいいです。水溶性ビタミンなので洗いすぎも水に溶けてすべて流れていってしまいます。

ただ、ブロッコリーなどは農薬の危険性もあります。無農薬のものなら蒸してもいいですが、そうでなければゆでるほうが全体的に見て健康的だったりもします。消費者としてかしこい知識を持って利用しないと栄養成分がすべて死滅してしまうのです。

注意して摂取したとしても毎日の食生活で葉酸を厚生労働省が推奨する基準量を達成することは難しいでしょう。もしも不足して欠乏症になると胎児が先天的な病気を引き起こすリスクが高まってしまいます。妊婦じたいも悪性の貧血になってめまいや息切れ・立ちくらみが起こりやすくなったり、細胞生成がうまくいかずに口内炎や胃潰瘍などの危険性も高くなってしまいます。

おすすめなのはサプリメントで摂る方法です。加熱や水洗いをすることがないので流れ出すこともなく、毎日続けることができます。食事にも気を配りながら不足を補うことで、きちんと摂るようにしましょう。