妊娠初期は積極的に果物を食べよう

妊娠初期はまだお腹が大きくなく胎動を感じることができないため実感はできませんが、胎児の体や組織を形成するとても大切な時期です。そのため妊婦さんが激しい運動をしたりストレスをため込んだりと無理をすれば胎児に影響を及ぼします。妊娠中はどの時期もとても母体を大切にしなければなりませんが、特に大切なのが初期だと言われています。
初期の頃には多くの女性がツワリを経験します。吐きづわりや食べづわりなど様々な種類がありますが、多くの人が経験しているのが吐きづわりです。この時期は四六時中胃がムカムカしていたり、何を食べても吐いてしまったりなど食事がままならないどころか日常生活にも影響します。中には陣痛よりもツワリがしんどかったと言う人もいるほどです。この時期は食欲がなくても水分と葉酸だけはとるようにとアドバイスを受けます。これは赤ちゃんの体を作って行く上で葉酸という栄養素は最も重要だからです。食事だけで一日に必要な摂取量を達成させるのは難しいため、サプリメントで補給する人も多いでしょう。この時期は食べられるものを食べればよいとされています。それは母体が蓄えている栄養で赤ちゃんが育つため、ツワリ時期に満足に食事ができなくても赤ちゃんは育つことができるからです。人によって食べられるものは違いますが、多くの人が果物なら食べることができたと言う人が多い傾向にあります。ツワリが終わる頃には妊婦さんが摂取した栄養が赤ちゃんに影響するようになってきます。お菓子やインスタント類などをなるべく避け、ビタミンや鉄分などを意識してメニューを考えるようにしましょう。