鉄分と葉酸の効果にはなにがあるか

妊娠中に摂ると良い栄養素には葉酸と鉄分があります。
葉酸は、ほうれん草やレバー、小松菜といった食材に多く含まれており、ビタミンBの一つです。細胞分裂や遺伝子であるDNAの合成をする際に必要で、特に妊娠初期にとることで、胎児の神経管閉鎖障害のリスク軽減することができます。また、赤血球を作る働きもあるので、貧血防止にもなります。
一方鉄分は、不足すると貧血を起こします。お腹の赤ちゃんに十分な酸素や栄養を届けることができなくなり、発育が悪くなることもあります。含まれている食材には、小松菜や枝豆、納豆、豚や鶏レバー、かつおなどがありますが、レバー類はビタミンAも含まれているので、食べすぎると奇形を起こしてしまう可能性もあります。
この2つの食材をきちんととることで、お腹の赤ちゃんへ十分な血液と栄養、酸素を届けることができる効果がありますが、一方で取りにくい栄養素でもあります。
葉酸の場合は加熱したり、水で洗ったりしてしまうとほとんど体内に残りません。また鉄分も中期、後期と進むにつれさらに多くの量が必要になります。毎日、継続して摂取することで効果を得ることができるので、足りないときはサプリメントを利用するようにします。
サプリメントを服用する前にはレビューがまとめられたものを見る、成分を調査する、ということを行います。その際、1日の上限量が超えていないかも確認するようにしましょう。適切に摂ることによって必要な栄養素の不足を予防することができます。